製薬会社MRの転職日記

時代の変化に適応するため、製薬会社MRからITエンジニアに転身します。

始動

 

 

 

 

明けましておめでとうございます!!

 

 

 

 

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

いよいよ2018年が始まりました。

 

 

 

 

私は今年、勤めている製薬会社を退社し、TECH::EXPERTを利用してITエンジニアに転身致します。

tech-camp.in

 

 

具体的にこちらのプログラムに参加するのは10月以降になる予定です。

*ボーナスの受け取りやプライベートの人間関係事情などのタイミングによるため。

 

 

 

さて、今回は下記のような面白いTweetを目に致しましたので、

年末年始の過ごし方について書いてみようと思います。

 

f:id:Eigo_Mikado:20180104125703p:plain

Twitter:イケダハヤト氏のツイートより抜粋

 

 

 

年末年始をダラダラと過ごしてしまうことって多いですよね。

 

 

特にサラリーマンの中には「普段の休日から何もすることがない」と言う人も意外と多く見受けられます。

toyokeizai.net

 

 

 

長寿化により、私たちは100歳まで生きる可能性が高いです。

今までのように「定年まで同じ会社で働き続けて、はいおしまい!」のような人生プランでは立ち行かなくなっていきます。

そのため、一生学び続けることが非常に重要になっていきます。

toyokeizai.net

 

 

 

 

そんな私の年末年始の過ごし方はこちら!!

 

 

 

 

◎久しぶりの家族・友人との時間を楽しむ

いきなり普通の内容で恐縮ですが(笑)、やはり年末年始くらいはこういった時間を確保するべきだと思います。

帰省するたびに親の「老い」を感じます。

できるうちに、たくさん親孝行したいものですね。

そして、1年に1回くらい古い友人とのコミュニケーションも大切です。

自分と相手の将来のビジョンを話し合うことによって、自分の今の立ち位置を確認できることもメリットだと思います。

 

 

 

◎勉強&運動

家でダラダラせず、カフェに行って勉強したり、外でランニングするのは効果大です。

特に朝は脳のゴールデンタイムであるため、夜更かしして昼まで寝ると言うのは、

非常にもったいないです。

私はプログラミング(TECH::CAMPの教材を使ってRuby,HTML,CSS)、TOEIC、数学、読書(つみたてNISA &iDeco関連の雑誌、「頭に来てもアホとは戦うな!」)を午前中にしておりました。

年末年始に限らず、たとえ何の予定もない休日でも、淡々と自己投資する習慣が数年後に大きな差となっていくと思います。

 

 

 

◎とにかく行動あるのみ

地元に帰ったらいろんな人にばったり会うことがあります。

そんな時は自分から積極的に声をかけます。

一人で黙々と勉強する時間も大切ですが、いろんな人と会って刺激をもらうこともそれ以上に大切だと思いますので、とにかく行動行動行動!!

あと箱根駅伝を毎年家で見ていたのですが、今年は沿道に足を運んでみました。

するとそこで数年来の友人に会うことができました。

こういった些細な行動が、新たな出会いを生むことを痛感致しました。

今年はとにかく「行動」を意識して参ります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

 

2018年も1日1日を大切に、

「成功」に捉われず、

「成長」に捉われるように行動して参ります。

 

 

 

 

f:id:Eigo_Mikado:20180104132417j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年を終えて

 

 

 

 

2017年もあと少しで終わりますね。

 

 

 

 

 

最近、本邦でもプログラミング言語の重要性を耳にすることが多くなって参りました。

*2020年からようやく義務教育にプログラミングが導入されます。

 

 

 

 

これからはIoT(Internet of things)により、あらゆるモノ・コトがインターネットに繋がっていき、データベースに蓄積されていきます。

 

 

 

 

 

その影響により、

米国では2020年までに100万人、日本では2030年までに78.9万人のITエンジニアが不足すると言われております。

*日本は海外に比べると遅れておりますが、現時点でも17万人以上不足しております。

 

lrandcom.com

 

 

日本にはエンジニアを軽視する文化がありますが、海外では「WEBのお医者さん」のような扱い。

年収も2000万超えとかザラで、就労ビザが取りやすいのもエンジニアです。

 

 

 

WEBサービススマホアプリ、PCソフトウェア、AI、自動運転、

全てがプログラミング言語を操るエンジニアが創造主であり、

ITの世界ではこのエンジニアが全て。

 

 

 

さらに、今後は否応なしにも「教養としてのプログラミング」はビジネスを行う上で必須のスキルになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

そこで!!

 

 

 

 

 

 

 

私は今勤めている内資系製薬会社のMR職(営業)に見切りをつけて、

2018年にITエンジニアに転身することに決めました!!

 

利用するのはこちらのテクノロジースクールです⬇︎

tech-camp.in

 

 

 

日本の製薬会社MRは給料も高く、福利厚生も手厚いです。

f:id:Eigo_Mikado:20171231145518p:plain

 

 

 

しかし、今後は薬価の抜本引き下げにより、製薬企業は厳しくなっていきます。

さらに時代の変化により、

製薬会社MR」はなくなっていくでしょう。

*超一流もしくは田舎でならMRとして生き残れる可能性はありますが、

私の場合は上司や先輩を見ていて、全くMRとして出世する魅力を感じることができませんでした。

u-note.me

 

 

ブログのタイトルも「製薬会社MRの転職日記」と具体的に変更致しましたので、

時代の変化に適応していく記録が少しでも今の現状に悩まれている方の参考に頂ければ幸いでございます。

 

 

2018年もよろしくお願い申し上げます。

会社を1年後に辞めることにしました!

 

はじめまして!

 

帝 英護と申します。

 

こちらの記事にアクセス頂き、誠にありがとうございます。

 

タイトルにもございますように、私は1年後に今勤めている会社を辞めることにしました。

理由はこれからの記事でも書いていきますが、

"レールの上を走ることが幸せであった時代の終焉"

が大きな理由のひとつです。

 

今までは、下記のような幸せのロールモデルが機能しておりました。

有名大学卒業 ⇨ 一流企業に入社 ⇨ 家族、自分の車や家を持つ。

上記のような、いわゆる国家が作り上げた"所有に重きを置く普通生活"のことでございます。

 

 しかし、皆様薄々感じているかもしれませんが、テクノロジーの発展によるグローバル化やIT化の加速に伴い、このモデルが現代ではまったく機能しなくなってしまいました。

国民国家の崩壊

 

国家の用意した幸せのロールモデルが崩壊したことにより、

これからは"自分の幸せを探さなければならない時代"に突入していきます。

 

もちろん、これからも上記の"レールの上を走る人生"を選択する人もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、"なんとなく周りのみんなもそうだから"と思考停止状態でいるのであれば、

私は全力で警鐘を鳴らしたい。

 

ここで簡単に私の自己紹介をさせて頂きます。

社会人歴:5年目

年齢:27歳(独身)

年収:700万〜

勤め先:東証一部上場企業

趣味:読書、温泉&マッサージ、海外旅行、スポーツ観戦

 

特徴がなくて恐縮ですが、生活に特に不自由がないことは推測頂けるかと思います。

 

そんな私がなぜ1年後にレールから外れようとしているのか。

今の生活ではなぜダメなのか。

これからの1年間は何をしていくのか。

会社を辞めた後はどうするのか。

 

会社を辞めようとしている人間の頭の中を、

これから1年間リアルタイムで発信し続けていきたいと思います。

 

漠然と将来に不安を持っているサラリーマンは、私自身含めてとても多いと思います。

 

そんな方々の不安を少しでも取り除き、

未来に対してワクワクする気持ちが芽生えるきっかけになれば幸いでございます。

 

f:id:Eigo_Mikado:20170408181430j:plain