会社を辞める準備

会社を1年後に辞めることにしました!会社辞める準備できてる?

AGA(若年性男性型脱毛症)の薬物療法について

こんにちは!!

 

今回はおそらく最も関心の高いAGA(若年性男性型脱毛症)の薬物療法について記事を書いてみたいと思います。

 

自分の薄毛に悩まれている方は参考にして頂ければ幸いです。

*薬剤の情報に絞っておりますので、わからない専門用語はググってください。

 

プロペシア:MSD株式会社

評価:★★★☆☆

感想:初発で早い段階で服用すればすぐに増毛を実感できると思います。

ただ、次に紹介するジェネリックに変更した途端、頭頂部の元気が無くなってきましたので、注意が必要です。AGA専門クリニックや普通のクリニックで手に入ります。

費用は月7000〜8000円くらいです。

軽症の方にはオススメです。

 

②フィナステリド:ファイザー株式会社

プロペシアジェネリック医薬品

評価:★☆☆☆☆

感想:価格はジェネリックのため安くなりますが、やはりホルモン系の薬剤はわずかな添加物や製造工程の違いで効き目や副作用に違いが出てくると思います。

正直まったくオススメできません。AG(オーソライドジェネリック)という添加物や製造工程が先発品とまったく同じジェネリックなら選択しても良いと思います。

同じくAGA専門クリニックや普通のクリニックで手に入ります。

費用は月5000〜7000円くらいです。

 

③ザガーロカプセル:GSK株式会社

評価:★★☆☆☆

感想:副作用の初期脱毛が1〜3ヶ月発現するようです。私もこの副作用に苦しみました。その後通常のヘアサイクルに戻り効果を実感できますが、ある日を境に再び脱毛が起きてしまいました。正直あまりいい思い出がありません。

同じくAGA専門クリニックや普通のクリニックで手に入ります。

費用は月10000円です。ジェネリックはまだ出てません。

 

④ミノタブ:AGA専門クリニックで入手可能

評価:★★★★☆

感想:多毛症という副作用?により腕毛が濃くなるということがありますが、それと同じく頭頂部もどんどん濃くなっていきました。正直、このパワーには感動しました。

このミノタブはドラッグストアで売っているリアップ(ミノキシジル)という塗り薬の飲み薬版ですが、この有効成分は血中から吸収された方が効果が良いことがわかっております。

さらにこれはお得な情報ですが、AGAクリニックではこのミノタブを1日5mg(2.5mg×2回)飲むように指導されますが、ぶっちゃけ1日2.5mg1回で十分高い効果が得られます。私は1年契約でお薬を受け取り続ける予定なのですが、この方法で2年分お薬を手に入れることができました。いざっていう時は最大10mgまで増量可能ですが、安全性も考慮して少量の服用をオススメします。

費用はミノタブとプロペシアを1年分で18万くらいのセット商品ですが、ミノタブを半分にすることで1年間で9万ということになります。ザガーロより安い!!

このミノタブだけをクリニックで手に入れる方法も模索中ですので、見つけたらご報告させて頂きますね。個人輸入はリスクもあるので慎重に行ってください。

 

【まとめ】

現状はザガーロorプロペシア + ミノタブの併用が最強であると思います。

食事・睡眠・運動などの生活習慣の改善もチャレンジしましたが、正直まったく効果を実感できませんでした。もちろん日々健康に過ごすことは大事ですが、確実な効果を得るためには上記のお薬をオススメ致します。