体調管理の季節(秋うつに注意)

 

 

多動力でも何をするにしても健康第一が大前提だと思います。

 

 

季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね。

 

 

私は食事・睡眠・運動を徹底的に見直しております。

◎バランスの取れた食事(アルコールは控えめに)

◎1日7時間以上の睡眠

◎定期的にジムで走ったり筋トレを欠かさずやる。(もちろん禁煙)

 

 

特に日本人が注意しなければならないのがうつ病です。

 

 

例えば、体のだるさ、肩こり、肌荒れ、抜け毛などの症状に悩んでいて、

肩こりの治療薬(痛み止め)を使用したとします。

 

 

しかし、それらの症状の原因がうつ病であったなら、この治療薬は対症療法にしかならず、これらの症状は一時的にしか治りません。

 

 

根本的な原因であるうつ病を直せば、これらすべての症状が良くなります。

 

 

うつ病うつ状態から抜け出すには無理に頑張ろうとしないことが大事です。

 

◎十分な休養

◎生活習慣を見直す。

◎脳内のセロトニンを上げる。

*うつは脳内の神経伝達物質が減少することで発症します。

(日光を浴びる、運動、カレーを食べる、楽しいことをするetc)

◎精神科や心療内科SSRIというセロトニンをガツンと上げる処方薬をもらって飲む。

SSRI:レクサプロ、ジャイゾロフトパキシルetc)

デパスなどの抗不安薬は依存性もあり海外では長期投与が禁止されているので注意してください。SSRIでもパキシルは副作用が多いです。ジャイゾロフトは性機能障害が稀に起こります。

 

 

日本はうつ病大国で自殺も社会問題となっております。

 

 

何をするにもまずは健康第一!!

 

 

 

f:id:Eigo_Mikado:20171006105928j:plain