製薬会社MRのライフハック

働き方の損益分岐点を理解し、自己内利益が常にプラスになるように、会社を自分のために利用してます。

生活のダウンサイジング

 

 

 

 

前回の記事では「ミニマリストになるメリット」について書かせて頂きました。

 

 

 

 

今回は「さらなる生活のダウンサイジング」の重要性について書かせて頂きます。

 

 

 

 

多くの人は収入が増えると何も考えずに自動的に支出を増やしております。

 

 

 

それが人生の成功だと勘違いしており、資本主義の奴隷になってしまっています。

 

 

 

 

例えば、ほとんど使わないのにiPadを購入したり、洋服を買い漁ったり、腕時計を何本も集めたり、車を買い換えたり、冷蔵庫の中に食品を溜め込んだり、、、

 

 

 

 

人は余ったお金を貯蓄にまわしたり、プチ贅沢をしたりすることがあると思いますが、そのお金を狙って様々な会社が奪い合いをしています。

 

 

 

このような資本主義の構造をしっかり理解し、私たちはお金と真剣に向き合う必要があります。

 

 

 

今すぐにできる「生活のダウンサイジング」は以下の通りです。

 

f:id:Eigo_Mikado:20180729103315p:plain

 

 

 

 

私たちは「人生100年時代」を生きております。

 

 

時代の変化に適応し、無駄なもの見極め、

投資的な思考で「生き方改革」を実践して参りましょう!!

 

 

 

 

前回から「捨てる&減らす」をテーマに記事を書かせて頂きましたので、

次回は今後「増やしていくモノやコト」について書かせて頂きます!!

 

 

 

 

【参考図書】

① 定年後も働き続けることが大前提ですが、「生活のダウンサイジング」は必須であることが記載されております。

www.kinokuniya.co.jp

 

②お金との真剣な向き合い方、資本主義の構造を理解することの重要性について書かれております。

www.kinokuniya.co.jp

 

③ぜいたく志向は人間の外部でつくられるものではなく、私たちの遺伝子に組み込まれております。それは人間の粋を超越して神聖なる理想(富裕層)に近づきたいという本能と、自分の魅力をアピールして良き伴侶を手に入れたい(セックスしたい)という欲望を結びつけております。*アップルの戦略より

www.kinokuniya.co.jp